V-SQUAREの特徴

クラウド型IP-PBX

PBXの購入不要・初期投資費用削減・管理工数削減・設置スペース、電力料削減

これまでPBX(構内交換機)は、ユーザー様がご購入し利用するのが一般的でしたが、弊社のクラウドPBXサービス「V-SQUARE」をご利用いただくことにより、PBXを購入、資産として管理する必要がなくなります。初期投資費用を大幅に削減できるだけではなく、運用管理工数やシステム維持管理費用も削減することができます。

購入型PBXとV-SQUARE(クラウドPBX)との比較

比較項目 購入型PBX V-SQUARE(クラウドPBX)
特徴 固定資産として維持・管理 経費(月額サービス利用料)
イニシャルコスト システム購入費用 購入費用不要
ランニングコスト 保守メンテナンス料
電気料金
月額サービス利用料
運用・管理 設置スペースが必要
運用担当者の管理工数
設置スペース不要
運用工数の大幅削減
陳腐化・老朽化 顧客様がリスク負担 顧客様は心配なし
ソフトウエアのバージョンアップ 追加でライセンス費用必要 追加費用必要なし
会計処理 固定資産計上(課税対象)
またはリース資産計上(課税対象)
※大企業
 経費処理

コメントは受け付けていません。